みなさんこんにちは!!
インストラクターの藍です★

先日、京都旅行に行ってきました。

関東よりも暑い京都でしたが、心穏やかに日本の良きものに沢山触れてきました。

比叡山延暦寺、三十三間堂、清水寺、東本願寺、金閣寺、龍安寺。

神聖な場所に入った瞬間感じるもの。
目には見えない何かを沢山感じてきました。

様々な思いを込めて手を合わせる日本人。

『合掌』
本来の合掌は右手が少し上左手が下。
少しずらして合掌します。

右手→仏様(相手)
左手→自分

自分が一歩下がって相手の気持ちになる。本来の合掌の意味です。

右手と左手が同じ位置にあると、手と手の間に隙間が空きます。
それが、相手との溝。

左が上になれば、我先に我先に生きている証拠。

相手を敬う気持ちを持ち、丁寧に合掌してきました。

個人的には、『三十三間堂』から感銘を受けました。
一歩入った瞬間に『圧倒』『圧巻』され、奥に進むにつれて静寂な感覚。最後は身の引き締まる思い。

大人になって感じる京都。

また、自分の心を整えるためにも行きたいと思います。