月経血を排泄



骨盤底筋群を自らの力で動かすことができるようになると、月経血がトイレで排泄できるようになります。
尿意や便意と同じように月経血も通常であれば、催すようになります。
 
しかし、骨盤底筋群の衰えにより感覚が鈍くなり、月経血が出てくる感覚が分からずナプキンへ垂れ流しの状態が当たり前になっている方が多くみられます。
月経血をあるがままに、ナプキンへ流し、意識せず生理が終わるのを待つ・・・
 
 
月経血の質。
月経血の量。
月経中の骨盤周りの状態。
 
 
月経血の色が濃い⇒『飲み会が続いてたから・・・』『ストレスがあったから・・・』
 
月経血の量がいつもより多かった⇒『生活習慣が乱れていたから・・・』『冷えてたから・・・』
 
生理前から腰が痛い⇒『最近、運動不足かも・・・』『姿勢が悪くなってきたから・・・』
 
 
生活習慣や食生活など、一か月の成績表みたいなものが『生理』です。
そして、『生理』は子宮をクリアにできる大切なものであり、無くてはならない有難いものです。
 
意識をするだけで、生理に変化が現れます。
 
 
『月経血が出てくる感覚が分かるようになった。』
『子宮が収縮するのを感じた。』
『トイレで排泄ができるようになってきた。』
 
 
トイレで排泄ができるようになると、たくさんの恩恵が受けられるようになります。
 
そのためにも、日頃から『骨盤底筋群』を鍛え月経血を止めトイレで排泄できるカラダを作りましょう。