月経痛とは?



経血を押し出そうとする子宮の収縮により痛みが出てきます。
 
月経痛の主な原因は・・・
 
①月経血を押し出そうとするホルモンの分泌量が多い
経血を押し出す働きをするホルモン、“プロスタグランジン”が分泌されます。
この分泌が多くなると、子宮の収縮が過剰になり下腹部や腰の痛みの原因になります。
経血がドロドロだとこのホルモンが沢山出て、痛みを抑制させる場合もあります。
 
②子宮口が狭い
子宮の状態が未熟な10〜20台の若い女性や出産経験のない女性に多い原因です。
子宮口が狭いため、経血がスムーズに排泄されにくい事から痛みを感じます。
 
③冷え
カラダが冷えると血液循環が悪くなり、子宮も冷え痛みに繋がります。
 
④ストレス
ストレスはホルモンや自律神経に大きな影響を与えます。
ホルモン分泌が悪くなることで月経痛を引き起こす原因に繋がります。
 
gekkei6
 

『月経痛になると薬を飲む』

一か月の生活習慣の結果が、月経に現れます。
不規則な生活、睡眠不足、外食やコンビニ弁当が多かった、アルコールや甘いものの取りすぎ、ストレス過多、運動不足による血行不良、冷え等が原因で月経痛を引き起こします。
 
『月経痛が出る前に薬を飲む。』
『少しお腹が痛いから薬を飲む。』
 
薬を飲む習慣を少しずつ減らし、生活習慣を見直し改善していく事をおススメします。
 
 

月経痛は骨盤底筋群で痛みの軽減



子宮、膣の周りを取り囲んでいる骨盤底筋群。
骨盤底筋群の活性化により、子宮や膣が温かく、柔らかくなります。
 
膣が緩んだり、締めたり意識的に動かす事で、月経血の排泄もスムーズに行われ月経痛の改善に繋がります。
 
月経血を排泄させるために子宮収縮を促すプロスタグランジンを大量に分泌させないためにも、骨盤底筋群の活性化が重要となってきます。
 
※プロスタグランジン・・・人間の体の中の様々な組織や器官に存在し、色々な役割を担うホルモンです。
具体的には、血圧低下作用や筋肉の収縮作用、黄体退行作用、血管拡張作用などがあります。
女性の体内では、生理周期に合わせてプロスタグランジンが分泌されています。
子宮内膜から分泌され、子宮収縮を促して経血をスムーズに体外に出す役割があるので、女性の月経に必要不可欠なホルモンだといえます。
ただ、プロスタグランジンには人間が痛みを感じる閾値を下げて痛みを感じやすくさせる作用と炎症を引き起こす作用があります。
生理前にプロスタグランジンの分泌量が増えますが、過剰分泌すると、頭痛や腰痛、だるさ、吐き気など生理痛が悪化するのです。
逆にプロスタグランジンの分泌が少なければ生理痛がほとんどないこともありえます。
 
gekkei9
 
 

月経痛コンディショニング



姿勢が悪く、猫背の状態になると膣の角度が悪くなり月経血をスムーズに排泄できない状態になります。
月経痛コンディショニングで姿勢の改善、骨盤底筋群の活性化により月経痛の軽減に繋がります。
 
月経痛緩和のためには・・・
①月経血をスムーズに排泄させるための骨盤底筋群のトレーニング
②月経血をスムーズに排泄させるための姿勢改善、骨盤調整
③自律神経を整える
 
この3つに絞ってコンディショニングしていきます。