女性の悩み



女性は、ホルモンの変動により様々なココロとカラダの変化が起こります。
 
 
月経期には、下腹部痛や腰痛・・・
月経前には、イライラ、暴飲暴食、甘いものが無性に食べたくなる、浮腫み・・・
 

 
年齢によっても、症状の現れ方も様々です。
 
10代、20代の女性は生理痛に悩まされる方も多く、その原因はストレスや環境の変化、冷えなどが考えられます。
 
30代になると生理前症候群(PMS)の症状が出てくる方が多くみられます。
プレ更年期の時期なので、ホルモンの変化を受けやすい時期です。
 
40代になると更年期に突入し、更年期の症状が出てきやすくなります。
多汗、ほてり、のぼせ、気分の浮き沈み・・・
 
これらの症状を緩和するためには、“循環の良いカラダ作り” “姿勢保持のための運動” “骨盤底筋群の運動” が必要となってきます。