女性のライフステージ



女性ホルモンの変動により、女性のココロとカラダは様々な影響を受けます。
このライフステージに応じたコンディショニングが必要になります。
 

 
 
思春期の女性は・・・
子宮が未熟なため、月経周期の乱れも多くみられます。
子宮頚菅が細い人もいるので、月経血が体外へ排出しずらくなるので生理痛が起こりやすくなります。
 
成熟期の女性は・・・
現代人は姿勢の乱れが多くみられます。
脳から卵巣へ指令を出し、脳へフィードバックする。
姿勢が悪くなると指令がうまく届かなくなるため、月経周期が乱れやすくなります。
 
更年期の女性は・・・
卵巣の老化により、月経周期が乱れやすくなります。
女性ホルモンの急激な変化が女性のカラダとココロに大きな影響を及ぼします。
 
老年期の女性には・・・
閉経後の女性のカラダは、骨盤底筋群の衰えが出始めます。
骨盤底筋群の衰えは、様々な症状を引き起こします。
『頻尿』『尿漏れ』、そして『骨盤臓器脱』になりやすくなります。
『骨盤臓器脱』とは、骨盤底筋群が薄くなり内臓を支えられなくなり子宮や膀胱が膣口から出てきてしまう病気です。
 
 
女性は男性と違い、骨盤底には三つの穴があり、中でも真ん中の膣口は大きいため、骨盤底筋群を日ごろから鍛えていないと色々支障をきたします。
 
骨盤底筋群のトレーニングは年を重ねるごとに大切なトレーニングとなってきます。