毎月、母性を育むための月経



初潮を迎えてから約40年続く月経。
 
毎月、赤ちゃんを迎える準備をし、赤ちゃんがいると仮定し女性のカラダは変化し、また新しい赤ちゃんを迎え入れる準備をしていくことが月経になります。
 
目まぐるしい変化が女性のカラダの中では起こっているので、カラダのみならず、精神的にもアップダウンが激しくなります。
自分のカラダを大切にいていないと、カラダはサインを出します。
 

 
カラダが冷えているとお腹が痛くなったり・・・
カラダが疲れていると眠くなったり・・・
目が疲れると頭が痛くなったり・・・
 
自分のカラダを大切にすることで、母性を育むことができます。
 
 
  

月経はデトックス!



月経はデトックス!
 
男性の平均寿命は現在80.98歳、女性の平均寿命は87.14歳。
男性よりも女性のほうが7歳上回っています。
 
この7年間の差・・・
 
 
一生分の月経の日数を足していくと約7年になります。
毎月、デトックスしている女性は、男性よりも長生きできるのかもしれませんね。
 

 
 

月経のメカニズム



赤ちゃんのために、子宮の中でベットを作ります。
このベットは『血のベット』。
 
これが子宮内膜です。
 
女性ホルモンのエストロゲンが子宮内膜を厚くし、受精、着床しなかった場合、子宮内膜は剥がれ落ちます。
この剥がれ落ちた血液がカラダの外に出てくるのが『月経』です。
月経の回数は一生涯で平均420回あります。